『モーツァルト!』東京公演千穐楽、当初の予定より早く終演いたしました。

ミュージカル『モーツァルト!』、このたびの緊急事態宣言を受けて4/28〜5/6の公演が中止になった事に伴い、本日4/27が東京公演千穐楽と相成りました。ご観劇いただきました皆さま、現場でお世話になりました皆さま、ありがとうございました。謹んで御礼申し上げます。

『モーツァルト!』のカンパニーは、本日この日に至るまでの関係各位による入念な感染予防対策により、度重なるPCR検査で『全員陰性』を継続しております。『全公演完走』を願って努力してきたがゆえの成果ですが、それが叶わない事態になってしまいました。来月の札幌公演、大阪公演は無事に再開されることを願ってやみません。

仕事中には決められた場所にしか行けず、休憩時間に連れ立って食事に行く事もせず、通勤電車での感染にも注意を払い(現状の生活だとこれが感染リスクとして一番高い)、毎朝毎晩の検温やこまめな手洗い消毒も欠かさず、もちろん帰路に呑みにも行かず……こうした行動制限を受け入れつつ感染予防対策にいそしんできてなおこのような措置がとられ、ご観劇のお客さまに舞台をお届けできない事(私の場合はオーケストラメンバーということで、舞台に彩りをそえる音楽をお届けできない事)に残念な気持ちや悔しさがあることは禁じ得ませんが、現状としては受け入れて前向きに過ごすことが最善と心得て、この状況下でも出来ることに邁進したく思っています。

私事では昨年2月から3月にかけて当時参加していた東京宝塚公演の演目が中止の憂き目にあい、その直後にリハーサルが始まった『エリザベート』はついぞ初日の幕が開く事なく終わりました。11-12月『プロデューサーズ』は初日から千穐楽まで完走できましたが、今となっては狭間の幸運だったのではと思わされます。まだまだ予断を許さない状況、逆風の吹く状況は続いています。

今はただ、現実を直視するのみです。身体はそこそこ健康なのが幸いと思って、引き続きコンディションを整えることに留意しながら、良い状態で音楽していきたいです。

時勢的なものもさる事ながら、朝晩の寒暖差があったり気候が安定しなかったりで体調を崩しやすいこの頃です。私の周りでも、コロナとはまた別に体調を崩されていたり心身の不調がある方々がいらっしゃいます。皆さまの健康をお祈り申し上げるとともに、私自身も改めて留意したく思います。

シェアする