2020年、年末のご挨拶。

あと数時間で、世界的に激動であった2020年が終わろうとしています。

ガッツリ振り返ると色々ありすぎましたが、とにかく多くの事を思い直し、考えた一年でした。特に春先から夏にかけては全ての業務が自粛に追い込まれてしまったこともあり、精神的なダメージが大きかった中で本当に色々な事が頭の中に膨大に浮かんできて、それらを思考整理しながら少しずつでも未来に向けて前進しなければという日々を送っていました。

そんな中でしたが、人の繋がりの大事さも改めて実感する事が多かったです。関わってくださった皆さま、お世話になっている皆さまにはただただ感謝です。コロナ禍の中でしたが、比較的小康状態にあった10月にはリサイタルとレコーディングのプロジェクトができました。11月から12月には、久しぶりにピット仕事に復帰させていただくこともできました。お世話になっている方々や、応援してくださる方々あっての身であると改めて実感することができたのは、今年一番に『良かったこと』と言っても過言ではありません。

一年の節目とはいえ、世の情勢は未だ不安定な状況が続いており、先を見通すのもまだまだ困難な状況にあります。自分自身の思考も整理できてはいませんが、せめて今年一年に(自分にとってどんな年であったにせよ)感謝する気持ちと、前向きに生きる気持ちを再確認するべく、年末のご挨拶とさせていただきます。

今年一年、ありがとうございました。良いお年をお迎えくださいませ。

シェアする